育毛剤の選び方

リアップや育毛剤に頼る前に自分でできる改善方法

いますぐ始められる薄毛改善

もし、あなたがいま薄毛に悩み、具体的な対策を施していないのなら、リアップや育毛剤に頼る前にいますぐ以下に挙げる生活習慣を改めてみましょう。薄毛に限らず、こうした努力は必ず実を結ぶとは限りませんが、長いスパンで取り組む意義はつねにあるのです。

栄養を充分に摂取

そもそも、私たちの毛髪はタンパク質でできています。従って、タンパク質の不足はそのまま、薄毛に繋がります。そして、さらに注意してあげないといけないのは、タンパク質だけを補うのではなく、ビタミンやミネラルも同時に摂取する必要がある、ということです。これは、タンパク質の代謝を促進してあげる役割を、ビタミンやミネラルが担っているためです。

飲酒、喫煙をやめる

ともに嗜好品であるため、簡単にお酒と煙草をやめるのは難しいかもしれません。しかし、薄毛を本気で改善したいのなら、いますぐにでもやめたほうが良いことは間違いありません。毛髪の栄養分は肝臓でも作られていて、アルコールを過剰に摂取することによって、その栄養分が生成されるのを妨げる恐れがあります。

ちなみに、リアップにも、エタノールというアルコール成分が全成分中に含まれており、アルコールそのものが悪いというわけでありません。ただ、飲酒をした後、リアップを塗布したりすると、吸収が悪くなったり、もともとアルコールに弱い方は肌が赤くなったりするなど副作用が起こりやすいので注意が必要です。

また、喫煙によるニコチン摂取は、毛細血管を縮小させる効果があります。毛根にも当然毛細血管は張り巡らされているわけで、必然的に頭皮の血の巡りが悪くなり、薄毛に繋がるというわけです。

ストレスを貯めない

毛髪は、毛根が細胞分裂することで作られています。毛根に届く成長ホルモン、つまり細胞分裂を促してくれるホルモンは、就寝する時刻前後になると増加を始めるようになります。必然的に、就寝時間が短くなると、毛根を太くするためのホルモンが働かなくなり、薄毛に繋がってしまいます。

睡眠不足

毛髪は、毛根が細胞分裂することで作られています。毛根に届く成長ホルモン、つまり細胞分裂を促してくれるホルモンは、就寝する時刻前後になると増加を始めるようになります。必然的に、就寝時間が短くなると、毛根を太くするためのホルモンが働かなくなり、薄毛に繋がってしまいます。

シャンプー、コンディショーナーを使った正しいヘアケアを

まず、シャンプーは脂や汚れを落とすもの、リンスやトリートメント、コンディショナーは成分をコーティングすることで髪を保護する役目を果たしています。とくにシャンプーは、毛穴や地肌を清潔に保ってくれるので、薄毛対策にはとっても重要です。自分の髪質に合ったシャンプーを選び、また、具体的にはシャンプーした後、数分間かけて丁寧にすすぎ洗いをすることが肝心です。これを徹底するだけでも、薄毛の進行を若干遅らせる(抜け毛の本数を減らす)効果はあります。当サイトでも、ウーマシャンプーの使用記を掲載していますので参考にしてみてください。

まとめ

  • 生活習慣を改善するだけでも、薄毛には効果的!
  • 健康に良くないことは、毛髪にも良くない!
  • つねに毛髪のことを意識してやることが重要!