リアップ徹底分析

リアップのネット購入変遷の歴史

リアップを購入する際のルールはここ数年で大きく変わった

平成24年1月11日までは、リアップが属する第一類医薬品を購入する際に、使用上の安全性について、薬剤師から文書を用いて直接説明を受けるという義務がありました。それはつまり、薬剤師が常駐する薬局等でしか購入できない、ということでした。実際にリアップを購入しにいくとわかりますが、薬局等ではレジの後ろの陳列棚や鍵のされたショーケースに商品が置かれています。購入者が直接手に取ることができないシステムになっているのですね。

しかし、平成24年1月11日に最高裁においてインターネットを使った医薬品の販売を一律に禁止した国の規制は無効とする判決が出され、インターネットでの販売が事実上解禁となりました。そもそもの薬機法には医薬品のネット販売を直接禁止・制限する規定がなく、それを厚生労働省令で一律にネット販売を禁止しているのは違法という内容だそうです。

この状態を解消するために、2014年6月施行の改正薬機法では、第一類医薬品に限って所定の手続きをユーザーがすることによって買うことができるようになりました。その詳細はリアップの現在価格を調べてみたにて書いていますのでご覧ください。

これにより、現時点においてはインターネットサイトでもリアップは購入することができるようになりました。ただし、リアップは比較的副作用が考えられる第一類医薬品に分類されているので、使用を考えている方は自己責任でよく検討することが必要となります。心配な方は、ネットで購入するよりも、やはり薬局へ行って薬剤師の方に心配事を相談してみるのもおすすめです。

手間を省いた購入方法

購入する際のルールはお分かり頂けたと思いますが、さらに簡単に安く入手するルートとして。海外から個人輸入で購入するという方法があります。

リアップの海外版ともいえる「ロゲイン」は、

まとめ

  • 購入はネットでも変えるが質問がある場合は薬剤師を介し、薬局で買うのがおすすめ。
  • 海外通販で同種の製品を買える場合もあるが、リスクは自己責任