リアップ徹底分析

副作用が少ないリアップジェットは育毛初心者に最適

リアップシリーズには、リアップX5の他にも、男性用発毛剤としてリアップジェットという商品があります。同じ第一類医薬品となっていますが、いったいどんな成分が入っているのでしょうか?またリアップX5とどう違うのでしょうか?また、それぞれどんな方が使われるといいのか調べてみました。

リアップX5とリアップジェットの違い

ミノキシジルが1%配合

まずわかりやすい違いが発毛促進成分であるミノキシジルリアップX5が5%なのに対しリアップジェットは共に1%だということです。ミノキシジルの濃度が低い分、当然効果の出方にも違いがあり、メーカー発表によるとリアップX5が4ヶ月程度にたいして、リアップジェットは6ヶ月と表記されています。また、ミノキシジルの血管拡張作用に伴う副作用も当然濃度が濃ければ発生しやすくなります。その点リアップジェットはミノキシジルの濃度が低い分、副作用のリスクも低くなるといえます。

頭皮環境を改善する3つの成分を配合

ミノキシジルの濃度が低い代わりにリアップジェットには、頭皮環境を改善するという名目でリアップX5プラスと同様以下の3つの成分が配合されています。
パントテニールエチルエーテル→抗酸化作用を持ち、頭皮の汚れや 炎症、かゆみを抑える
トコフェロール酢酸エステル
→毛細胞に栄養を補給し、 活性化する
l-メントール
→頭皮のかゆみをしずめ、清涼感を与える

リアップX5が有効成分としてミノキシジルだけの配合で発毛だけに特化しているのに対してリアップジェットは頭皮環境の正常化による脱毛進行の予防という観点が含まれているようです。

ジェットノズル採用で塗布時の爽快感を実現

薬液を塗布するノズル部分も大きく変わっており、リアップジェットはその名が示すようにジェット型の噴射口になっていて、かなり勢いよく噴射され、先のメントールとあわせて塗布時の爽快感が感じられます。リアップX5だと、ただ単に液体が垂れるだけなので使用感は大幅に向上としたといえるでしょう。

また、塗布方法もX5よりさらに厳密になっていて、頭皮に容器先端を15回ゆっくり押しあてるとなっています。リアップX5と同様ただ押すだけで最適量が出るという点では非常に便利な機能ですね。

価格が安い

詳しくはリアップの価格ページでも紹介していますが、リアップX5が7400円、同じミノキシジル1%配合のリアッププラスが60mlで5,500円とくらべてリアップジェットは3,990円と半額近くまでになっており、かなりリーズナブルになっています。

使い分けはどうしたら良い?

やはり発毛の決め手はミノキシジルの濃度によるところが多いので純粋に効果をより確実に早く求めるのであれば、リアップX5のほうがおすすめです。あと、とにかく実際の使用感の爽快さをかなり改善していることから、リアップジェットはどちらかというとまだ軽微な薄毛状態にある方に向けての商品だと思われます。頭皮環境の改善といった予防的な成分が含まれていること、さらに爽快感を出すなど、使用感にもこだわっているあたりに、気軽に使ってほしいと考えるメーカーの意図が伺えます。

また、ミノキシジル自体の副作用は濃度が高いほど出やすくなるので、副作用が心配な方にはまずリアップジェットを試してみて、具合を確かめるものも良いかもしれません。もし1%でもカユミやほてりがでるようだったら、リアップX5でも間違いなくそれ以上に副作用がでますからね。値段も割安ですし、これから育毛を始めてみよう!という方はいきなり濃度の濃いリアップX5ではなく、リアップジェットをおすすめします。

元々肌の強さに自信がない人は医薬部外品の育毛剤の検討を。

また、いくらリアップジェットの濃度が1%とはいえ、ミノキシジルが入っていることには変わりがありません。特に副作用が出やすいと言われているのが、乾燥肌などの肌の弱い方。特に肌のかぶれやかゆみといった症状は、異物に対する過敏反応として例え濃度が低くても副作用が出やすくなってしまいます。このあたりを心配される方は、副作用の出にくい医薬部外品の育毛剤を試してみることをおすすめします。以下に特に副作用の少ないと思われる4アイテムを紹介しています。


BUBKA
医薬部外品。M-034による外毛根鞘細胞の増殖作用によってミノキシジルと同等効果を実現。ノンアルコール処方で肌への影響が少ない。


ポリピュア
医薬部外品。特許成分バイオポリリン酸の複数の発毛因子の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度も低めで副作用の心配が少ない。

LPLP薬用育毛エッセンス
医薬部外品。特許成分Wフコイダンの発毛因子(FGF-7)の増加による細胞増殖作用。アルコール濃度はやや高めか。

プランテル
医薬部外品。セファランチンによる血流促進作用。

特にBUBKAやポリピュアの2つは、肌に悪影響を与えてしまうアルコールの濃度も非常に低いため、成分由来の副作用でなく、アルコール由来の副作用への心配もなく使用することができます。副作用を我慢できるのであれば良いのですが、毎日塗布するものでもあるので不快なことを心配するのであれば、こちらをオススメしたいと思います。