リアップ徹底分析

リアップとプロペシアを比較するのはナンセンス

プロペシアとは

プロペシアとは、男性型脱毛症(AGA)の特効薬として開発された医薬品です。主成分はフィナステリド。これは本来、前立腺肥大の治療薬として1991年に開発が始まったもので、1992年に商品化されました。しかし、服用者からプロペシアを摂取し始めて毛髪が増加したという報告が相次ぎ、あらためて育毛剤としての開発が始められたのです。これだけ見ると、リアップの主成分であるミノキシジルと、極めて似た経緯を辿っていると言えます。

医薬品としての分類

リアップとプロペシアを比べて、まず異なる点は、医薬品としての区分です。リアップが第一類医薬品であるのに対して、プロペシアは医療用医薬品に分類されています。医療用医薬品を入手するには、原則、医師の処方箋が必要で、必然的に、医師の診察を受けた上で病院や調剤薬局でのみ入手可能になっています。

効果について分析してみると…

リアップが髪の成長期において、血管拡張作用を利用して豊富に栄養を送り込み、毛乳頭細胞から成長因子放出させることにより、太く長い髪へ導くのに対して、プロペシアの効果がある男性型脱毛症は、抜け毛になってしまう原因物質の行動を抑制することに着目しています。

これはどういうことかというと男性ホルモンの一種テストステロンの増加によって通常6~7年といわれる髪の毛の生え変わりの周期がどんどん短くなっていくのです。その原因物質がテストステロンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)

プロペシアはこのDHTを産生してしまう原因となる酵素「5a-リダクターゼ」の活動をを抑制することで長くなってしまった毛周期を本来の毛周期を取り戻すことを目標としています。こちらは内服薬であり、1日1錠決まった時間に飲むだけです。

発毛剤として度々比較されるリアップとプロペシアですが、同じ薄毛といっても、効くタイプが違うため、医師や専門家の検証を見ても、どちらが優れているとははっきり言えない状況です。まず、一日あたりの価格もリアップが約247円に対して、プロペシアが250円と、ほぼ差はありません。

ここまで見ても、そもそもリアップとプロペシアの発毛に至るメカニズムが根本的に違う以上、同じ土俵にたてないわけであり、さらに同じ人にリアップとプロペシアを両方試してみるという客観的な実験データは見つけることはできませんでした。

どちらの効果が上か?という比較自体が困難なわけです。こと発毛という大目的では同じでも、そこに至るプロセスが全く違うということを覚えておいてください。

「利便性」で選ぶことが選択のポイント

では、この2つで迷っている場合、なにを基準に選べばいいのか?その一つのキーワードといえるのが「利便性」であると思います。最初に書いたとおり、プロペシアは医療用医薬品のため、薬局で買うことができず、必ず医師からの処方箋が必要になります。

これはつまるところ、病院への通院が定期的に必要になるということです。一度はじめたらそれっきりではなく、長いお付き合いになるでしょう。1-2ヶ月に一度は通院をして一定の日数分だけ処方してもらえるという形になります。また、薬代だけではなく、再診料、処方料といった手数料も加算されます。さらに健康保険は適用されず、全額自己負担となりますね。

反面、リアップは薬局に行ったらとりあえず買えますし、ネットでも買えます。まとめ買いもできますし、ある程度自分のペースで融通が効く医薬品であるといえます。


ですので、育毛のために通院は面倒、続ける自信がないと考えている方はリアップを選ぶべきだと思います。反面、お医者さんのサポートを得ながらいろいろな手間が増えても大丈夫という方は逆にプロペシアを選ぶ方がベターといえるでしょう。どちらも一定の効果が保証されているわけですからあとはそれを日常生活においてどのように続けていくかを考えて選んでいただければと思います、

 

まとめ

  • プロペシアは医療用医薬品で医師の処方せんが必要!
  • 効果について、客観的に比較できるデータはない
  • 個人それぞれで続けていくための利便性を考え、選択する必要がある