リアップ徹底分析

リアップを途中で止めると本当にリバウンドするのか?

対症療法である限り、途中で止めるとまた元に戻ることが多い

リアップを使用を考えている、もしくは使い続けている人には「途中で止めてしまったらまたリバウンドしてしまうのかな?」という疑問がつきまとうと思います。ネット上の口コミでは、リバウンドでさらに薄毛が進行してしまい、全部ハゲ上がってしまうのではないか?というセンセーショナルな見出しもついていたりします。

実際のトコロは、やはりリバウンドはあることが多いと言わざるを得ません。
なぜかといえば、リアップは抜け毛の根本原因を退治するものではなく、症状を抑制し続ける「対症療法」であるからです。リアップは血管を拡張し、血流を改善することで毛乳頭細胞に働きかけ、髪の細胞増殖因子を産生させる役割を持っています。しかし、薄毛を進行させてしまう原因物質男性ホルモンDHT自体を除去、または抑制しているわけではありません。つまりリアップ塗布中はDHTの発毛へのマイナス要素とリアップによる発毛へのプラス要素が常に同居し、拮抗しあっている状態なのです。
このような中で、リアップの塗布を止めてしまうと、発毛へのプラス要素がなくなり、DHTの活動のみになってしまい、リバウンドにつながります。

もちろん個人の体調差はによって結果は変わることがあります。
途中で止めた時点で、男性ホルモンDHTの活動が不活発であったならば、思ったより進行がなかった、逆に活動的であったならば、薄毛が進行してしまうということは十分に考えられますが、確定的なことは止めてみないとわからないというのが現状です。
ただし、勘違いしてはいけないのが、リアップを途中で止めることが、薄毛を以前より拡大させるトリガーになるという明確なエビデンスは今現在、見当たりません。薄毛は進行形の症状なので、止めた後の落差において表現されたものかもしれませんが、リアップ自体が薄毛の原因には決してならず、自分の本来の症状以上のことは起こらないということです。

同じことはプロペシアや他の育毛剤にもいえる

リバウンドについては、なにもリアップだけに限ったことではありません。
例えばリアップと同じく医薬品として認可されている内服薬「プロペシア」は、リアップと違い、DHTを生み出す酵素5a-リダクターゼの動きを妨害することにより、抜け毛の原因物質をそもそも生み出さないというリアップとは逆のアプローチになります。しかし、やはり原因物質を根本から取り除くわけではないので、服用を止めると5a-リダクターゼは再び活動を再開してしまい、再びリバウンドしてしまいます。

他の医薬部外品系の育毛剤も似たり寄ったりです。現在の育毛剤のアプローチが、原因を根本から治癒させるものではなく、対症療法である以上、途中で止めることによるリバウンドは決して避けられないわけです。

効果はもちろん、ランニングコスト、使用感を三位一体で考えよう

もちろん、発毛効果が出てからの話になりますが、リバウンドがある以上、育毛剤を選ぶにあたっては効果という面と同じくらい「使い続けられる」かどうか見極める必要があります。おすすめしたいのが選ぶときに下の3つのポイントを押さえておくことです。

効果

これは当たり前ですが、数ヶ月試して、産毛が出てきた、髪が太くなってきたなど、わずかながらでも効果を実感することが大事ですね。例えば1年続けても何も変わらないということであればおそらく今後も効果は見込めないでしょう。

ランニングコスト

効果があったとしても、維持するためには、長期間に渡って使い続ける必要があります。そうなると年間に払うランニングコストはかなりのものになります。以下に参考例をまとめると…

  月間コスト 年間コスト(月間×12)
プロペシア 10,000~20,000円
(処方病院によって異なる)
120,000円~240,000円
リアップX5 7,400円
(定価)
88,800円

ポリピュアEX
6,800円
(定期購入)
81,600円

BUBKA
5,980円(初回)
11,644円(2回目以降)
134,064円

LPLP薬用育毛エッセンス
980円(初回)
5,980円(2回目以降)
30,880円(1本で2ヶ月分)

将来にわたってコストが賄えない場合、それはリバウンドのリスクになるわけですから、選ぶにあたってはずっと支払い続けられるものなのか?ということを考えなかければいけないでしょう。もしリアップの価格が負担出来ない場合は、もう少し安い育毛剤を使って効果があるか試してもいいかもしれません。

使用感

最後に、毎日自分の体の一部に取り込むわけですから、炎症や痛みはもちろんのこと、かゆみやほてりといった副作用、違和感を感じるものは例え効果があったとしても避けるべきでしょう。使い続けることによる症状の悪化が避けられないからです。自分にとって使いやすい、生活の一部に溶けこませることができる商品を選ぶことが大切だと思います。

育毛剤の分野は例え医薬品であっても個人差により、効く、効かない、さらには副作用というのが千差万別に起こってきます。一つの育毛剤に固執せず、まずはいろいろな商品を試してみて、本当に使い続けられる育毛剤を探し当てるといった一見遠回りに見えても実は発毛への近道であると考えています。

まとめ

  • リアップに限らず、全ての育毛剤でリバウンドのリスクは避けられない。
  • 途中で止めても自分の本来持っている症状以上に拡大することはない。
  • 効果、価格、使いやすさを三位一体で考えて選ぶことが正しい発毛の近道。